安倍首相の「脱カメラ目線」 中途半端で逆効果

印刷

   安倍首相が脱カメラ目線をした、ということで話題になっている。

   新聞記者のぶらさがり会見のとき、いままでカメラだけを徹底的に見るというスタイルだったのが、テリー伊藤とかから「少しは質問者も見たら」とアドバイスされて、少しモデルチェンジを始めた。

   新スタイルは、カメラだけでなく、質問している記者のほうも見るという「両目線」。これには朝日新聞などの新聞は「参院選敗北を受けて反省した結果だ」と言っているようだが、テレビ的にはかえって悪くなったんじゃないかと思う。

   カメラと質問者の両方を見るようにしたために、目線が「泳ぐ」状態になってしまっているのだ。おかげで、ますます自信がないように見える。

   安倍首相は靖国神社の参拝についても、モデルチェンジということなのかどうか良く分からないが、小泉さんみたいに終戦記念日に参拝することはなかった。

   それはともかく、首相には失礼だが、テレビというのはただ映ればいいというもんじゃない。映るたびに視聴者が離れていくこともある。いまのような下手なインタビューでは、視聴者つまり国民がさらに引いてしまうんじゃないか。どうもメディアへのアプローチを勘違いしているようだ。

   どうせやるなら、いっそのこと、カメラを見るのをやめたらどうか。質問している人だけを見て、ちゃんと答えるほうがいいのではないか。質問に対してきちんと自分の言葉で答えること、それが一番大事なのだから。

      靖国へ 毎日参拝 してみたら

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中