2018年 7月 23日 (月)

斉藤由貴、昼ドラで「ガテン系の女」に挑戦

印刷

亡き夫の借金を返済するため、料理の苦手な主婦が食堂経営に挑戦する昼ドラマ「お・ばんざい!」(月~金曜13時30分)が2007年9月3日から、TBS系でスタートした。 主演は斉藤由貴。斉藤が演じるのは、「ニッカーボッカーをはいて首には手ぬぐい」というスタイルで工務店を切り盛りする「ガテン系の女」くるみ。仕事はできないが、料理の腕前だけは一流だった夫の風太郎(田口浩正)が借金を残して死んでしまったため、工務店とあわせて食堂も始めることで借金を返そうとする。
ドラマには、毎回「安くておいしい料理」が登場するので、家庭料理のヒントとして役立ちそうだ。脚本は映画「パッチギ!」「フラガール」で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を2年連続で受賞した羽原大介が手がける。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中