斉藤由貴、昼ドラで「ガテン系の女」に挑戦

印刷

亡き夫の借金を返済するため、料理の苦手な主婦が食堂経営に挑戦する昼ドラマ「お・ばんざい!」(月~金曜13時30分)が2007年9月3日から、TBS系でスタートした。 主演は斉藤由貴。斉藤が演じるのは、「ニッカーボッカーをはいて首には手ぬぐい」というスタイルで工務店を切り盛りする「ガテン系の女」くるみ。仕事はできないが、料理の腕前だけは一流だった夫の風太郎(田口浩正)が借金を残して死んでしまったため、工務店とあわせて食堂も始めることで借金を返そうとする。
ドラマには、毎回「安くておいしい料理」が登場するので、家庭料理のヒントとして役立ちそうだ。脚本は映画「パッチギ!」「フラガール」で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を2年連続で受賞した羽原大介が手がける。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中