貫地谷しほり、松下奈緒の生ピアノに「鳥肌が立った」

印刷

NHKの朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」が2007年10月1日にスタートする。ドラマのテーマ曲(佐橋俊彦作曲)は、女優でピアニストの松下奈緒が演奏する。9月13日にNHKで開かれた記者会見では、出演者らの前で松下がライブのピアノ演奏を披露。曲を聴いた主演の貫地谷しほりは「今ここで生演奏を聴いて、鳥肌が立ちました。綺麗で澄んだ曲でした。何かが朝から始まるという感じですごく好きです」と感激の言葉を口にした。演奏した松下は「初めてピアノを聴いたとき、家族の話ということは伺っていたのですが、その通りの懐かしい雰囲気でした。毎朝家を出て行く時にこの音楽で始まるというのは嬉しいです」と話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中