2018年 7月 20日 (金)

「政治家はお金を使いすぎ」(11歳小学生)

印刷

   福田内閣の組閣を前に、「朝ズバッ!」が道行く人200人に聞いた「日本の政治にもの申す」。色紙に書いたメッセージをもった写真が200枚、でっかいボードにずらりと並んだ。

やっぱり解散、総選挙ですか?

   「民の声スペシャル版です」とみのもんた。「通りかかった人がみな書いてくれた。写真も載るというので、お化粧し直してから来た女性もいた」

   むろん、多すぎて全部は無理だが、映像と声つきでいくつかが出た。

   ◇「金に汚い品位のない政治家が多すぎる」(50代会社員)
   ◇「恥を知れ」(68歳男性)
   ◇「お金を使いすぎ」(11歳小学生)
   ◇「老後の年金が安心な政治を」(50代主婦)
   ◇「政治家 初心を忘れるな」(54歳会社員)
   ◇「だれのための政治か考えてほしい」(男性)

   ゲストの松原仁(民主)は、「徐々に変えるんではなく、政権交代でスパッとトップから変えなくてはだめ」

   対して平沢勝栄(自民)は「舛添さんで厚労省が変わったように、トップがだれかで変わる。自民党にも人材は沢山いる」

   みのはさらにフリップを読む。

   ◇「金ではなく国民のためにがんばって」(中学生)

   みのが「がんばってといってます」というと、松原は「いまがんばるのは民主」、「いや、自民だってがんばってます」と平沢。

   ◇「言葉にもっと責任を」(20代女性)
   ◇「老人に活力を与える政治を!」(80代男性)
   ◇「議員宿舎をなくして年金にあててください」(19歳大学生)
   ◇「絶望! 格差是正、できることからやります」(58歳主婦)
   ◇「政治家さんの心とお金は潤ってますか?」(20代学生)

   「民の声って、やっぱり鋭いですね。やっぱり解散、総選挙ですか」(みの)
   「そうですね。来年の春ですかね。自民党・公明党なのか民主党なのか。本当に政権を選択する選挙になります」(与良正男)
   「国民の多くは、だれがやっても同じとあきらめているが、あきらめちゃいけない。投票にいって新しい活力のある政治をつくっていただきたい」(松原)
   「自民党もがんばってますよ」(平沢)
   「背水の陣ですものね。柴又帝釈天がついてますからね。はっはっ」(みの)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中