「三面デカ」山下真司、おっぱっぴー小島よしおの両親を直撃!

印刷

   今日から衣替えした『とくダネ!』の新企画は『走れ三面デカ』。三面デカになりすました俳優の山下真司の説明によると、「注目の三面記事を捜し、真偽を質そうという狙い」とか。

あのビデオ見せられたら死んじゃうよ~

   その山下が、スタジオに登場してまず放った第一声が「ボスおはようございます」。これに佐々木恭子アナが「ボスときましたね」で始まった。

   第1回目の三面記事は、「そんなの関係ねぇ!」でブレイク中のおっぱっぴー・小島よしお。といっても、捜査対象は本人ではなく、国政選挙に出て6回落選中のお父さんと、負けず劣らずしたたかなお母さん。

   まず、お父さんを直撃した山下デカが「選挙に6回落選したというのは本当ですか?」に、お父さんが「間違いありません、33歳から始めて6回落選してます」。このお父さんは30ヵ国語をマンツーマンで教える語学学校を経営している経営者という。

   このあとお母さんに会いに行きつけの喫茶店へ。店の人の呼び出しで登場したお母さんに山下デカが鋭く「おっぱっぴーのブレイクに便乗して、勝手に私物をガレージセールに出してカネ儲けしようといたらしいじゃないですか」。お母さんは「アッハハー」。

   自分で書いたという看板には『おっぱっぴーの読んだマンガ でも、そんなの関係ネー、30円~50円』。しかし「売れないんで」と50円には×を付けたとか。で、その日の総売り上げは540円だったとか。

   おっぱっぴーのルーツにまだ疑問が残る山下デカが「おっぱっぴーは、お母さんに似たの?」と聞くと、「小さい時から目立ちたがり屋。でも私はシャイですよ」。さらに山下デカは「お父さんはまじめそうですよ」とツッコムと、「突然変異なんですよ」。

   このあとお母さんが「おっぱっぴーのビデオを危篤状態のわたしのお父さんに見せたら元気になったのよ」と、したたかに息子のPRを。

   小倉智昭キャスターが「おもしろかった。でも、あのビデオ見せられたら死んじゃうよ~」。とぼけたデカ役はさすがに役者。三面記事だけじゃなく、一面記事も扱ったらもっと面白いのでは・・・・・・

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中