2018年 5月 24日 (木)

「沢尻語」にワイドショーも困惑「別に・・・が流行るとこまります」

印刷

   芸能界に波紋を投げた女優・沢尻エリカ(21)の「不機嫌モード」を取り上げた。

何か言ってもらわないと・・・

   ことの起こりは、9月29日に全国で公開された「クローズド・ノート」の舞台あいさつ(東京・有楽町の日劇2)。

   ステージに立った行定勲監督や共演者の竹内結子(27)らがにこやかに微笑んでいるのとは対照的に、沢尻だけが露骨に不機嫌な表情。司会の元フジテレビアナ富永美樹(36)が撮影中のエピソードを聞いても、ブスッとしたまま「特にないです」。沢尻が撮影中に手作りのクッキーを差し入れしたエピソードを持ち出しても「別に・・・」と、ひとこと発しただけ。

   芸能リポーターの前田忠明によると、このあと沢尻の事務所には「空々しいではないか」といった電話が殺到したという。

   沢尻は10月2日、自身のホームページに「舞台あいさつでご迷惑をおかけしました。諸悪の根源は全て私にあります。人としてまだまだ未熟でした。責任を取る考えです」などと書いた謝罪文を掲載した。

   管理が徹底された芸能界のこと。関係者が鳩首対策を練っての謝罪文なのだろう。そうした事情を承知のハズで、小倉智昭キャスターが「大人っぽい文面ですね。本人の言葉なんですかね~?」とイヤミの一言。

   一方、さっそく俳優の坂口憲二が新ドラマ『医龍』の制作発表会で沢尻をまねて「別に・・・」を連発。笠井信輔アナは「『別に・・・』が流行ると困ります。何か言ってもらわないと・・・」。でないとワイドショーの芸能欄も成り立たない?

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中