市町村は信用できるか?抗議受けた舛添大臣「小人の戯れ言だ」

印刷

   国民年金保険料の着服問題で、舛添厚労相が「市町村の窓口は信用ならない」と発言したことに、地方自治体の長から抗議が寄せられている。大臣はこれに対して「小人の戯れ言につきあってるひまはない。(抗議する)ひまがあったら、ちゃんと監視しなさい」と反論した。

舛添さんの言ってることはおかしくない

   発端は、9月29日の会見で舛添厚労相が「銀行は信用できるが社保庁は信用ならない。市町村の窓口はもっと‥‥」と述べたこと。これに対して、武蔵野(東京)、倉吉(鳥取)の市長が、「年金行政団体への不信感を増幅しかねず遺憾だ。発言の真意を知りたい」と抗議文を大臣に送った。

   舛添厚労相は昨日(10月2日)の会見で、「わたしにいうよりも、不正をした市町村に言いなさいということ。そういうことにつきあってるひまはない、忙しいから」と一蹴。さらに「小人の戯れ言」とまでいって、ニコリともせずに「次の話題にしましょう」

   抗議した市長は、「うちは不正は1件もない」と言いたかったのだろうが、舛添氏は「不正がないのは当たり前」と、まさに当たり前の話。ただ、舛添節は言葉がきついだけに、市長がどうでるか。

   加藤浩次は「舛添さんの言ってることはおかしくないと思うけど」とテリー伊藤を振り向いた。

   テリーは「舛添さんの言ってることは、国民の気持ちですよ。市長の気持ちもわかるけど、それだったら他の市町村に、こういうアイデアはどうだと提案してほしい。うちがこうなんだから、こうしなさいといえばいいんだ」とバッサリ。

   ロバート・キャンベルも「小人の戯れ言って聞き慣れないけど、いい日本語。不祥事があれだけあって告発しないとかあるんだから、やむをえない的確ないい方だと思う。それより、これが話題になることがどうかなと思う」という。

   年金の窓口徴収は廃止の方向だというが、テリーは「それ、いい、いい」

   なんにしても、国民こぞって期待を寄せている舛添氏だけに、小人は分が悪い?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中