「さんまさんのように生きたい」元横綱・花田勝のナゾの言葉

印刷

   度重なる浮気に耐えかねて、妻が離婚を切り出した――のではなく、その逆だったそうだ。

さんまさんは筋を通してる!

   スパモニ伝えるところでは、元横綱の花田勝氏と妻の美恵子さんは約5年前から別居。妻は“仮面夫婦”を続けてもいいと思っていたが、夫は交際する女性に、いちいち妻帯者であることを弁解するのに「疲れた」ため、ケリを付けようと思ったんだとか。

   渦中の花田夫が語ったとされる謎の言葉「さんまさんのように生きたい」。鳥越俊太郎が「昔の側室のように(女性を)置いて暮らしたい、ということなんだろうけど…」と推察してみせると、「お笑い界の人間として反論したい」と伊集院光。さんまはそのような生き方をしてないそうだ。

   「さんまさんは筋を通してる。結婚生活当時は、ちゃらんぽらんなキャラクターを封印していたし、いまは(交際を)オープンにすることで笑いに変える作業をしている。その部分がないと、『さんまさんのようになりたい』という言葉は幼稚に思える」

   主に妻サイドからの情報リークで、ヒール化が着々と進行してる感のある元横綱。逆襲はあるのだろうか。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中