「5年で親族10人死亡」 京都市役所の「服喪休暇ドロボー」

印刷

   民間の会社ならズル休みをしても、決してニュースにはならない。状況次第だが、そのままクビになる可能性がある。ところが役所は違うようだ。ニュースキャスター・柴田秀一は「やり方がキタナイ。サイテー」とこき下ろした。

はっきりいって横領だ、詐欺だ、給与泥棒だ!

   京都市は職員42人を処分した。親族が死亡した際に認められる有給の服喪休暇(いわゆる忌引き)を不正に取得していた――つまりズル休みの口実に、架空のおじさん、おばさんに死んでもらっていた。

   43歳の男性職員はこの5年間で「おじさんが6人」「おばさんが4人」亡くなったとして役所をさぼっている。親戚をこんなに次々と「殺した」この職員は停職6か月の懲戒処分。

   クビにはならず、約100万円の給与の返還請求をされる。つまりネコババした分を返してもらうことで、ペナルティではない。

   そもそもは今年7月に女性職員の不正な休暇が発覚した。これをきっかけにして16000人の職員の「休みっぷり」を調査したところ、出るわ出るわで結局42人の「バチあたり」が露出した。

   叩けばホコリだらけ。お役所の実態のほんの一部分だろう。

   チャンピオンは消防署勤務の49歳の女性職員だ。5年間で12回のズル休み。民間と違って、お役所ではたっぷりの休暇をきっちりと取る。

   ウソでも何でも、みんなで有給休みを取れば怖くない――こんな体質が横行しているといえる。

   スタジオの大きな一覧表のパネルを示しながら「情けないの一語。公僕たるものこれでいいのか!」とみのもんた。

   「はっきりいって横領だ、詐欺だ、給与泥棒だといっていいんじゃないですか」

   岸井成格は付け加えた。「上司を含めてみんな感覚がマヒしている。ある種の既得権になっている」――これは京都市役所が調査して発覚したほんのひとつの事例である。ニホン列島は公務員の服喪休暇ドロボー列島。

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中