美恵子さん「不倫相手」はホスト風「花田家の空しさが見える」

印刷

   離婚騒動渦中の花田美恵子さんに不倫発覚――したとしても、とくに驚くことはない。「婚姻関係の破綻した女性が自由恋愛しただけ。何が問題なんでしょうかね」(山口一臣・週刊朝日編集長)。

婚姻関係の破綻した女性が自由恋愛しただけ

   それにしても、検索キーワード人気上昇中の彼。いったい何者なのか、気になる。取材に集まった(芸能)マスコミでも顔がわからなかったというから、筆者のジェネレーション問題でなくてホッとした。

   が、それも束の間、真の驚きはその後に訪れた。よおく考えてみると、「11歳年下の若手イケメン俳優」なる番組の触れ込みのせいだろう。それから連想するイメージとはあまりにかけ離れていた。

   一時期のV6森田剛似というか、昼間の光に照らされるとアラが目立つ、いささかくたびれた――池袋あたりの路上で客引きしていそうな――ホスト風。

   「どうしてこのタイミングで交際を公表?」と聞かれると、「逆に…(マスコミに)聞かれたんで!?」みたいに!?答える!?口調!?ながら!?、この若手俳優は、わりとサービス精神の持ち主でもあった。迷惑そうな態度も見せずに、取材に応じていた。それどころか、まるで嬉しい気持ちを隠せないでいるようだった。

   「この軽率でペラペラよく喋る男にすがった美恵子さんの家庭における寂しさ――夫は女性問題、妻は男性問題を抱えた家庭の空しさが伝わってくる」と作家の吉永みち子。

   芸能界の(不倫)恋愛スキャンダルは一面の華かもしれないけれど、今回は、なにか場末感すら漂っている。また違った意味で花田家のイメージダウンになりそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中