鳥越さんの「手」が気になって仕方ない

印刷

   ワイドショーのコメンテイターは、よく手を使う。

一握りの幹部が暴走した

   説得力が増すとかいう説もあるけど、単純な話、ただ腹話術的に口が動いてるよりは、テレビ的に映えるだろう。ライツ、カメラ、アクション。

   通常、彼らの手振りはとくに意識もせず見ているのだけど、鳥越俊太郎が喋っているとそうは行かない。どうも手が気になるのだ。

   今日もツーショットで気を抜いている様子が見られた鳥越だが、志布志事件のコメントでは、警察幹部の実名を挙げながら、「一握りの幹部が暴走して、でっち上げた事件」という(これまでに何度か聞いた)真相を、熱く語っていた。

   その顔は――日焼けしているのか、けっこう黒い。ところが、手振りで手の平が映ると、それは、まるで氷水につけた後のような、血の気のない白さなのだ。なにか、禍禍(まがまが)しさまで感じてしまうような。

   せっかく顔を黒くしたのだったら、手の平もなんとかしてほしい。ただの取り越し苦労なのかもしれないが、見ていて辛くなってくる。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中