2020年 12月 1日 (火)

「ドラゴン桜」の対極だ! 「ゆとり教育」で京大合格

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   世間が高校を判断するとき、どこを見るか。大学合格実績である。悲しいが明確に数値化できる実績こそが、世間様の高校の判断基準だ。

   その合格実績を飛躍的に伸ばし、世間様の評価を高めることに成功した高校がある。京都市立堀川高校。今回の「プロフェッショナル 仕事の流儀」ゲストは、その校長・荒瀬克己だった。

   合格者実績を上げる・・・私は真っ先に『ドラゴン桜』を思い出した。底辺校を立ち直らせるため、東大合格者を養成するクラスを開設。脱ゆとり、詰め込み教育こそ全て!という、まあ見ているだけなら非常に清々しい作品だった。

   だが、この校長の教育は、これとは対極にあった。

   まず、「探求科」を設置。週に2回、「探求基礎」という授業を行っている。独自のカリキュラムに基づいて、「三秒ルールの信憑性」や「資産運用による利益の比較」といった普通の高校ではやらないような研究を行う。その研究にのめり込んでしまえば、あとは生徒が勝手に受験勉強に取りかかる。自分の研究を極めるために、そのための設備が備わった大学に行きたくなるからだ。その結果、京都大学をはじめとする大学への合格者が急増した、というわけだ。

   一般の高校の授業では、生徒の勉強意欲を高めることはまず出来ないと思っている。その勉強が何に結びつくのか、生徒は分からないからだ。大学に行く動機もない人間が、進んで受験戦争に立ち向かうだろうか。しかし、「あの大学に行きたい」という明確な理由があれば、生徒は自ら勉強する。

   私の高校時代を振り返ってみると、1、2年生のうちは大学に行きたい動機が全く見つからなかった。成績も全くお粗末なものだった。しかし、3年に入ってようやく本当に入りたい大学が定まった。そうなると人間は面白いもので、今まで見向きもしなかった入試案内に目をやるようになり、なんとしてでも入試を突破する方法を模索し始めた……

   今や懐かしい言葉になりつつある「ゆとり教育」だが、荒瀬の教育は「ゆとり教育」の最も成功した例のように思える。通常の5教科以外の授業で生徒に種を植え付けて、それを成長させるために生徒は必死に課題に取り組む。

   必死に芽を育んでいる後輩がいることを知った先輩は、せいぜい笑われないように振る舞わなければいけない。ちょっとヒヤッとした放送でもあった。

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 「背伸びが、人を育てる~校長・荒瀬克己」(2007年10月16日放送)

文   慶応大学・がくちゃん
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中