2018年 7月 17日 (火)

チュートリアルとオリラジ、司会はまだまだ修行中

印刷

   この10月から、水曜夜10時の枠で「ジャンプ!○○中」というバラエティが始まった。チュートリアルとオリエンタルラジオが司会をやる。吉本の売り出し中の若手芸人がメインだから、吉本にとってありがたい番組だ。

   最初の回は2時間のロングバージョンだった。2つのコーナーがあって、1つは「逃走中」。タレントたちがフジテレビ周辺のお台場で逃げ回る逃走ゲームだ。1秒300円の計算で、60分逃げ切れば108万円という報酬が手に入るゲームだが、結局、鬼役の黒メガネの男にどんどん捕まってしまう。

   見ている分には面白いけれど、「これは作るのが大変そうだな」と思った。たくさんのカメラでそれぞれのタレントを追いかけているから、気の遠くなるような編集作業をしなければいけないだろう。手間もお金もかかる壮大な"鬼ごっこ"だった。

   もう一つのコーナーは「生態調査中」というもので、女芸人50人を集めて、部屋代とか好きなタイプとか、いろんなことを聞いていた。このコーナーはショックだったね。50人いる中に、知らない芸人が結構いたからだ。この業界はどんどん新しい芸人が出てきては、ポイ捨てのように消えていく。そういう世界なんだと改めて感じさせられた。

   チュートリアルとオリラジの司会は、はっきり言ってへたくそ。若い人は共感しているのかもしれないが、まだまだ「修行中」だね。

      チュートリアル 中途半端に 終わりけり

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中