倫理・法律は「蜘蛛の網」?弱い者だけが捕まるのか?

印刷

   防衛省の前事務次官(夫妻)が友誼に厚く、度重なるゴルフの誘いに応じていた問題では、「恥ずかしいですね」(赤江珠緒キャスター)と、怒りよりは呆れのムードが支配的であった。

恥ずかしいですね

   元検事の大沢孝征弁護士は、正義のこぶしを振り上げる。コンプライアンス無視の最高幹部は「倫理・法律なんていうのは蜘蛛の網と考えてるんじゃないか」。そのココロは!? 「強い者は破れるけど、弱い者は捕捉される」

   今後、政治家等が絡んだ"政界大疑獄"へ発展するかも――と番組は言う。しかし、この手の疑惑はたいてい「玉虫色」か「大山鳴動~」で終わってしまう。

   本当にシロだったのか。昔の中国の人が「天網恢々疎にして漏らさず」と言ったそうだが、それから時を経て、天の網も蜘蛛の網なみに脆くなってたりするのかもだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中