花田美恵子さんに直撃「JACK JACK解散しましたね」

印刷

   「加藤さん、独占です」と、「特報部 そこが知りたい」のレポーターの阿部祐二が、不倫騒動の渦中にある花田美恵子さん(38)の告白を伝えた。

だれかがリークしたという気がする

   週刊現代が「新たなスキャンダル」と伝えたのは、タイトルこそ「ネグレクト愛」なんてものものしいが、要するに、美恵子さんが育児を放棄して遊びほうけていたと、言われ放題の内容。これをもとにまた阿部が押しかけて、しゃべらせたらしいが、美恵子さんは車を降りてきちんと話してくれたという。

   「カメラを回さない」という条件で話してくれたのは、「普通に生きて普通に子育てをしてきて、こういう風に言われるのは残念。じゃあなにが子育てなの、と聞きたいくらい」などなど。肉声はなかった。阿部は「いいたいことはあるが、いちいち反論はしない。子どももいるし」ということだと。

   一方不倫相手の青木堅治氏(27)の方は「売名行為だ」「とんでもねぇヤツだ」(テリー伊藤ら)と散々。5日後には、「JACK JACK」も新バンドも解散して、以来雲隠れしたままだが、「特報部」は、わざわざその過去まで洗い出した。

   高校時代を知る人からは、「顔はきれいだが暗い」「友だちが少なかった」「パシリ王子」「派手な娘とつき合ってた」「スターになるにはオーラがない」と、これまた言われ放題だ。

   高校2年でスカウトされて、「ポパイ」など男性ファッション誌で活躍、というところで、レポーターの阿部自身が、「ポパイ」のモデルだったことが明らかになった。阿部は大先輩というわけだ。後に俳優になったところまで同じ。

   本人は「もう四半世紀も前ですよ」というが、出てきた写真がまた、裸でシャワーをあびてるようなとか、野性的な若者の姿。加藤浩次も葉山エレーヌも大喜び。

   阿部は「なぜいま暴露したか真意を」と言ったが、結局、青木をつかまえられず。まあ、週刊誌に乗せられてしまった、というあたりがせいぜいだった。

   テリー伊藤は「3年半も前のことが突然でてきたのは、何らかの力が働いたからかもしれない。だれかが、リークしたという気がする」という。

   宮崎哲弥も「週刊誌の書き方はバイアスがかかっていた」と。

   なんにしても、こうした話を垂れ流す週刊誌。それをまた追いかけるテレビ。阿部だって美恵子さんに「JACK JACK解散しましたね」なんて聞いているんだから、まあごくろうさま。いったい「そこが知りたい」と、だれが思っているんだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中