また冤罪か?疑問残る「白バイ警官死亡事件」有罪判決

印刷

   高知県の国道で06年3月、白バイとスクールバスが衝突し、バイクに乗っていた警官が死亡。バスの運転手は業務上過失致死罪で起訴され、一審は禁固1年4ヶ月の実刑判決が下り、昨日(10月30日)の控訴審も、これを完全支持した。

真実を見極めようとしていない!

   番組曰く、この事件には冤罪の疑いがあるのだ。事件直前、バスは駐車場から出て、道路を横断右折しようとして、白バイの車線を塞ぐ格好になっていた。この時、バスが動いていたか、それとも停まっていたのか、は当事者の責任の度合いを大きく左右する問題だ。「動いていた」と主張する検察側の重要証拠はバスの(急)ブレーキ痕。

   地元テレビ局が、検察側の主張に基づいて、事故状況を再現検証してみると、そのような痕はつかない。専門家は「タイヤの痕とは考えられない」と言う。バスに乗っていた生徒や第三者も「バスは停まっていた」と証言するのである。

   「有罪とするには無理がある」と鳥越俊太郎が吠えるのももっともな状況だ。警察・検察性悪論の持論を展開する。控訴審の審理も十分ではなく、「(裁判官は)真実を見極めようとしていない!」

   作家の落合恵子。「こういうのをマスコミ、メディアはしっかりチェックしていかないと…」。しかし、萩谷麻衣子弁護士に言われるまでもなく、控訴審有罪の意味はあまりに重い。スパモニにしても、もっとはやくキャンペーンを張ってほしかったところではある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中