警察官が殴った?殴ってない? 青年死亡のなぜだ

印刷

   「保護」されたのに、被疑者?は警官に暴行されて死亡した。それでも佐賀県警は警察用語の「保護」ですませてしまうのだろうか。

警察絡んだ事件が続いてますね

   授産施設に通う知的障害者の安永健太さん(当時25)は市内を自転車で走らせていた。

   車道を蛇行するので、通りかかったパトカーは飲酒、あるいは薬物によるものと見て(その後に精神錯乱と訂正)

   サイレンを鳴らして「止まれ、歩道に移動」―――健太くんは聴覚にも障害があって聴こえない。

   佐賀県警は「男性は奇声を出して、自傷他害のおそれがあったので保護を開始した」

   保護された(押さえつけた)健太くんは数分後に意識がなくなり死亡した。

   遺体には頭部や顔面、両腕、下肢などに複数の打撲の跡や切り傷があった。

   「警察官にあこがれていたので、警察官に向かって暴れることは考えられない。殴られて押さえつけられて、暴力から逃げ回っていたようです」(伯母の話)

   状況は近くのファミレスにいた2人の女子高生がしっかり見ていた。

   佐賀県警は「殴っていない」「暴力行為はありません」の一点張り。目撃者の「殴っているのを見た」証言も調書に記載しなかった。その証言を意図的に隠した。こんどはオマワリが身内を「保護」するのに懸命になっている。

   「殴ってなかったら、なぜ死亡したのか。それと目撃者はウソの証言をしても何らメリットがないはず・・」(石丸幸人・弁護士)

   「佐賀地検はこの事件について、警察官の暴力によるものなのかなどを調べています。目撃した女子高生たちは、地検で健太くんが殴られていた事実を話しています」(高村智庸・リポーター)

   警察の保護=死亡・・・目撃者がいるのに、事実をボカそうとすればするほどボロが出てきそうだ。

   「警察がからんだ、わかりにくい事件が続いてますね」ため息のように赤江珠緒。

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中