エリカ様騒動 「魔女裁判じゃないか」

印刷

   今朝の『テリーが行く!』は、東京・銀座、歌舞伎座近くのソバ屋さん。ここで中村勘三郎を直撃した。『話題の有名人をメッタ斬り!!』のタイトルは相変わらずオーバーだが、軽妙な会話はあと味もグッド。

いまウソついたでしょ

   話題はまず、全国上映中の勘三郎主演、『やじきた道中  てれすこ』。菩薩女房役で共演の小泉今日子について

   勘三郎「この人好きになりますよ。目の高さが誰に対してもブレない」

   テリー「悪女タイプと菩薩タイプとどっちが好き?」

   勘三郎「両方ともいいじゃないですか、ハッハッハッ。欲ばりですよ」

   テリー「とくに好きなのは」

   勘三郎「うちの女房みたいなの!ハッハッハッ」

   テリー「いまウソついたでしょ」

   テリー「最近、腹だたしいことありませんか?」

   勘三郎「びっくりしたのが亀田さん。(反則)あれは怒るけど、涙がでる瞬間のフラッシュの多さ、魔女裁判みたい。それに沢尻エリカったって、あれも魔女裁判じゃない?謝らせることないよ」

   テリー「最近は誰と喋っているの?」

   勘三郎「鶴瓶さん。大親友」

   テリー「あの人、会話に点とか丸がない、途中で首絞めたくなっちゃう」

   勘三郎「あの人があがっちゃうんですよ。チンチン出した人ですよ。あがった時の落語がよかった」

   テリー「最近モテてるのは誰ですかね?」

   勘三郎「(皿に盛ったエビの天婦羅を指で摘まんで)それはこれじゃないですか」

   司会の加藤浩次が「シャレたオヤジが2人でいるという感じがしますね」はともかく、最近ほとんどテレビで見なくなった「シャレた放談」だった。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中