2億円融資話が「変身」 藤岡ライダーのピンチ

印刷

   <独占!!>とタイトルはものものしい。<藤岡弘、2億敗訴悲痛・・・>

大金には足跡が残る

   初代仮面ライダー・・・無駄口を叩かない朴とつな人柄と見受ける俳優・藤岡弘、(61)。金銭トラブルに巻き込まれてついに豪邸を手放すことになるのか。

   藤岡側の担当弁護士は電話インタビューで「一種の詐欺。融資話をネタにいろんな書類を書かされてしまったケース」・・・

   ドロ沼化した民事裁判は、昨日(14日)最高裁が上告不受理、つまり藤岡弘、敗訴の結果となった。

   スパモニと藤岡弘、の関係はわからないが「スパモニだけに」心中を激白。インタビューではなく、1枚のペーパー・コメントだった。

   「残念なことは十分な審理がなされてないまま判決が下された。なぜ、司法の場で真実が通らないのか!」

   1998年、知人の紹介で出会った相手(不動産業者)の融資話に乗った。自宅を抵当に争点は2億円の現金―――

   藤岡弘側=現金を受け取ってはいない。借用書、領収書は最初に書かされた。

   相手側=現金を手渡した。借用書、領収書もある

   激白コメント「私は人生で人の道を踏みはずしたこと、お金を借りて返さなかったことはありません」

   「裁判で相手側の過去の刑事記録の提出を求めましたが、相手側の抵抗にあい裁判所は認めてくれませんでした」

   「私は人を信じることが美徳だと生きてきましたが、それがアダとなりました」

   「一審では勝訴しているんですね」(赤江珠緒)

   鳥越俊太郎は「2億円という大金には必ず足跡が残る」という。

   「大金が動くということは、銀行なり何なりに貸したとか使ったなどの証拠があるはずなのに・・・」

   紙1枚書いて2億円。したたかそうな相手側と「これからも闘う」と藤岡弘、。

   せっかくの独占激白だったが、こっちも紙1枚のコメントではいまいち説得性を欠いた。

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中