2018年 7月 17日 (火)

DSテレビ「もっとたくさん売ればいいのに」

印刷

   人気のゲーム機「ニンテンドーDS」でテレビが見られるというワンセグ受信アダプター「DSテレビ」が、今日から発売になったが、ネット予約販売のみで全部売り切れ。任天堂では今日からまた、予約再開だという。

ちょっと見たいときもあるか

   DSは、ゲームだけでなく、頭の体操だとか学習ソフトなどで、大人にも人気だが、このアダプターを使うと、そのままテレビが見られるというもの。DS本体に差し込むだけの小さなアダプターだから、お値段もたったの6,800円(税込み、送料無料)。

   笠井信輔は紹介しながらも、「ゲーム機でテレビを見る必要があるのか」などと懐疑的だったが、小倉智昭は「DSがテレビになるの?」と素直に興味を示していた。街の声も「ぜひ欲しい」というのが多かったが、専門家と称するコメントは「ゲームをしない人は欲しいかもしれない」と。

   そうではないだろう。ゲームでも頭の体操でも、家でやるぶんにはまず目の前にテレビがある。しかし、外に出てテレビのないところでテレビを見られるという利点は、ゲームも何も関係あるまい。

   小倉が「もっと売ればいいのにね、任天堂さんは」といったが、全くその通り。

   任天堂がなぜ、ネットの予約のみの販売にしたのか、意図がいまひとつわからない。ワンセグ(地上波デジタル放送)だから需要が限られると思ったのか、あるいは、製造が間に合わなかったのか。

   小倉は「そんなにテレビ見たいかね」と水を差したかと思うと、「ちょっと見たいときもあるか」

   佐々木恭子が「もっと地上波も見て頂きたいですけどね」と。ん?これはどっちの話だ?

   笠井は「秋葉原で聞くと、ゲームをしない人が見たいといってる。辞書とかお料理のレシピの利用者が」とヤケに声を強めた。

   なに、地上波デジタルの時代になれば、機械としては見えて当たり前。見る見ないはこっちの勝手になるさ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中