2018年 7月 19日 (木)

警官ストーカー恐怖の実態 各地で続出

印刷

   水戸市内で自転車に乗った24歳の女性が乗用車に当て逃げされた。事故の相手とはトラブルもなく和解した。

(許しませんっ)

   しかし女性は、この小さな事故に遭ったおかげで大変な被害を受けた。

   事故処理を名目にした水戸署警察官によるストーカー行為。送り狼だった。

   視聴者にとってはテレビで加害者の警察官のツラを拝顔したい!ところだが、スパモニは被害にあった女性に話を聞いた。

   「住んでいるアパートの呼び鈴が鳴って見たら制服のままで立っていました」。 困ったことはありませんか・・・町の人に愛される親切なおまわりさんと思いきや、異常なストーカーだった。

   「近所に友だちはいるの?」「彼氏いる?」「メル友になって」。携帯番号、メール・アドレスを押し付けて「このことは誰にもいわないで」――何度も何度も。

   制服警察官の歓迎されないアパート訪問。不安になった彼女は県警に相談して結局は本署が事実を確認、ストーカーを別の署に異動させ、彼女に謝罪した。

   謝罪になるのだろうか。加害者おまわりは「当て逃げ事故の被害者を保護する目的だった」

   という。こんな言い訳を通用させないのが警察ではないだろうか。

   現職警察官が「職務上の立場を利用した」ストーカー行為といえば、愛知県警西尾署の警部補がバレて自殺し、警視庁立川署の巡査長が女性宅に侵入して、拳銃で射殺後に自殺した事件が起きたばかり。

   女性のプライバシーに過剰な配慮?する職務の人間が横行している。

   「許せませんっ」メイン・キャスターの赤江珠緒はそんな表情で報告を聞いていた。

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中