テレビで取り上げてやった!? 笑えない小倉「マージン要求ジョーク」 

印刷

   「昨日、20万円のCDを紹介したら、けっこう予約が入ったらしい」。そう言って哄笑するのは番組司会の小倉智昭。音楽(AV)マニアを自称し、とくダネ!の音楽番組化を企む人物である。20万円ガラスCDのほかにも、アリシア・キーズや(元)ル・クプルの藤田恵美のCDを番組で紹介したところ、売り上げが伸びたそうな。

けっこう予約入ったらしい

   その枚数が番組全視聴者の何パーセントにあたるのか知りたいところだが、小倉は自分の絶大なる影響力を確認し、ご満悦の様子である。

   手を懐に入れる仕草をしながら、「1割ぐらいマージンもらいましょうかって感じになりますね」。もちろん冗談なのだろうが、すぐに(自分に絡んだ)ゼニカネの話に行くのが、この御方の特徴。それがイヤに直接的でリアルに聞こえるのも人徳のなせる業だろう。

   酒でも入ったら、「結局、人間コレがすべてでしょ」と指で輪をつくりそうなニオイがプンプンする。

   その手の人間が音楽を語っていても、筆者的にはなんか唾棄したくなってしまうのだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中