犬やハト、トカゲが億万長者になったワケ

印刷

   13億円を遺産相続で受け取ったアメリカのセレブ犬「トラブル」(8)の話題が紹介された。「続報」扱いで、米国の「不動産女王」が4000億円以上の遺産のうち、13億円を愛犬に相続させたらしい。管理団体とやらが犬の世話をしており、年間3300万円の「世話代」がかかるそうだ。13億円なら40年近くは「もつ」計算になる。もっとも「48歳の犬」など聞いたことはないが。

(犬は)走らせりゃいいんですよ

   番組は、誘拐を示唆する脅迫状などが24件送りつけられている現状を報告した。報告によると、危険を感じた管理団体は、「トラブル」クン専用の自家用ジェット機で、高級保養地?として知られるフロリダへ「トラブル」を引越しさせた。

   番組が管理団体へ電話で英語取材を試みたが「コメントは出していない」という回答で、「コメントを出さない理由」を尋ねた質問にも「理由もコメントしません」との答えだった。

   「トラブル」クンが死んだらどうなるのか、というのはやはり遺言が残されているようで「一緒に墓に(遺産を)埋めてほしい」。スタジオのおおたわ史絵は、掘り起こされる懸念を表明し、警備員の必要性が指摘されると「金持ちって死んでも金かかるんですね」。

   この「トラブル」クンは、シェフがつくった料理しか食べず、ドッグフードなどは見向きもしない、という贅沢ぶりだそうだ。テリー伊藤は「走らせりゃいいんですよ」。空腹は最良のソース、という訳か。さらに「だいたいフロリダ(に住んでいること)が生意気だ」とも。

   ちなみに、ほかにも9500万円を相続したハト(オーストラリア)や、1000万円を受け取ったトカゲ7匹(南アフリカ)もいる、と番組は報告していた。

   一番気になったのは「トラブル」クンの管理団体だ。いったいどういう団体なのだろう。採用募集とかしてないかな。別におこぼれを期待する訳ではないが興味はある。

文   赤坂和郎 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中