浦和ワシントン、監督への皮肉も「ゴール」!?

印刷

   サッカーのトヨタ・クラブW杯は、アジア代表の浦和レッズがアフリカ代表のエトワール・サヘル(チュニジア)をPK戦で下し、「世界3位」の快挙を成し遂げた。

ロンドンはどこ?

   『朝ズバッ!』の司会者・みのの関心事は、この試合で2得点を決め、母国ブラジルに帰るワシントンに。

   まず、みのが試合終了後にチーム全員で撮った記念写真を前に「ワシントンはどこ?アッこれ、ロンドンは?」。「これが言いたくて来たの」と、前夜、テレビ観戦中考えたらしいギャグを堂々と披露。

   この後、みのが「この人、なんで帰っちゃうの、もったいない。帰ることないのにね」に、スポーツ担当アナの高畑百合子が「実は、(浦和の)オジェック監督との確執があったといわれています」と、フリップに書かれたワシントン選手のコメントを読み上げた。

   『感動と寂しさ。そして僕をクビにした男を救った悔しさがある』

   これにはみのも驚いた。「すごいね。ここまで言うの。ハッキリ言いますね。気持ちいい。で、その監督はこれ?こいつか~」

   茶の間の雑談を、そのまま全国ネットのスタジオに持ち込んでいる感じだが、しかしサッカーの中身となると、関心の程度は「なぜ同点だとPK戦になるの?ゴールキーパーが可哀そうですよ~」。年齢的には野球―ゴルフ世代。

   昨日(16日)、「ハニカミ王子」こと石川遼君(16)が、妹の葉子ちゃん(11)、弟の航くん(7)とプロツアー初優勝した岡山・東児が丘マリンヒルズGCで一緒にラウンド。この映像を見たみのは「ビシッ、すごいね~。7歳、一緒に回りたいね」と並々ならぬ関心。サッカー世代でないことは確か。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中