「UFOで防衛汚職ごまかすな」 加藤浩次ツッこむ

印刷

   町村官房長官が「絶対いると思う」と発言し注目を集めたUFO問題に、石破防衛相も参戦した。2007年12月20日の会見で、UFOが襲来してきた場合「(自衛隊の)災害派遣になるのかね」などと「対応想定」を披露してみせた。

UFOでうやむやにされちゃあ・・・

   石破防衛相は、一端会見を終了した後、去り際に「UFOの質問でなかったね」と記者団に話しかけた。番組の映像・音声では、記者と思われる男性が「オン(オフレコでなく)でやりますか!?」などと応じ、防衛相も「再開しますか」とUFO会見へ移行した。なんか話したがっているようにも見えた。

   石破発言は「存在しないと断定できる根拠はない、ということはいるかもしれない」とまるで「論理学」の話を聞いているような言い回しだった。番組ナレーションは防衛相が「UFOの存在を認めた」と解説した。

   テリーは、宇宙には地球より知的に高度な文明を持っている星が20万個から200万個はある、との説を披露した。宇宙物理学者ホーキング博士が石原都知事に語ったそうだ。テリーは石原都知事からその話を聞いた。

   一連のUFO話にうんざり気味なのは加藤浩次だ。基本的には好きな話題だと断った上で、「防衛省ははっきりしてないことありますよね」と前防衛事務次官による汚職事件のことであろうテーマを持ち出した。続けて「UFOでうやむやにされちゃあ・・・」「UFOのせいにされてもね」。

   確かに。「UFOのせい」は冗談として。防衛省内に横たわっていそうな、前防衛事務次官の個人的問題だけで終えてはいけない「汚職体質」について、検察は徹底的に「存在」を確認してほしいものだ。「存在すると断定できる根拠はない、ということは汚職体質など無いのだろう」などとごまかされそうだから・・・

文   赤坂和郎 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中