「無理心中狙い」に小倉、疑問呈す 静岡放火事件

印刷

   本日のトップニュースは、12月26日の未明、静岡県の民家で発生した放火事件。焼け跡からは放火犯と思しき、2人の遺体が見つかった。この家に住む女性の元夫と、その知人女性だった――。

死ぬ気だったのかなあ?

   番組によると、元夫は件の家で生活していたが、離婚して家を出る際にトラブルとなり、元妻らに対して「火を付けてやる」「殺してやる」などと公言していた。

   2人はまず自動車2台で玄関口をふさぎ、車に火を付け、裏口にも放火。その後、建物のなかで火だるまになって死んでいたという。一家5人は2階からハシゴで避難し、無事だった。

   恨みのある元家族を殺すと同時に知人女性と(無理)心中を計ったのでは、との見方が紹介されると、小倉智昭キャスターは疑問を呈した。「(容疑者は)死ぬ気だったのかなあ?」

   犯人たちは手違いで火が付いてしまったのではないか、とくダネ!探偵団団長は推理する。これだけの証拠を残して放火殺人(未遂)を起こして逃げ切るのは至難の業だし、いずれにしろ“自殺"行為だと筆者には思えるが、小倉はこの点にコダワリ続け、眞鍋かをりらコメンテイターに「死ぬ気だったんですかね?」としつこく問いかけていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中