2018年 7月 16日 (月)

小倉、テレ朝のネーミングセンスを罵倒

印刷

   とくダネ!もいよいよ今年2007年最後の放送。そこで番組出演者が来年2008年注目する人々を挙げるという、ユニークきわまりない企画が行われた。

ボクを叱らないでください

   司会の小倉智昭は、プロゴルファーの上田桃子ともう一人。「忘れてませんか、高橋尚子という人。けっこう注目できると思う」

   以後、放送とは多少順番を変えて見ていこう。

   「やっぱり最高額年俸でしょ」と、いかにもな発言は芸能リポーターの前田忠明。先頃、4年総額4800万ドルでシカゴ・カブスと契約した福留孝介を挙げた。

   友近は「女芸人(全般)」。テレビではもてないキャラの彼女たちだが、じつは結構もてる。来年は意外な熱愛が発覚するかもしれない――。それが視聴者的に歓迎すべき事態なのかは疑問だ。

   意外だったのは、まるでスポーツと縁のなさそうな佐々木恭子アナ。「じつはわたし、水泳がとても好きなんで…」と水泳選手の北島康介に注目する。

   水泳の話題がでたついでに、と進行役の笠井信輔アナが前途有望な水泳選手、入江陵介を紹介した。しかし、テレビ朝日によって「背泳ぎ王子」と命名されたという話を聞いた途端、小倉は顔をしかめ、「そのままじゃん」と口を尖らせる。いつものように、些細なコトに熱心にケチをつける小倉に、いつものように懇願する笠井。「ボクを叱らないでください」

   年が替わっても、この番組の力関係と間抜けなテーマソングは変わらなそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中