眞鍋かをり「直感」が冴える

印刷

   『とくダネ!』木曜日のレギュラーコメンテーターを勤める眞鍋かをり(26)。多分、他局を含め朝のワイドショーに出演する女性コメンテーターの中で一番若いだろう。

イメージが違ってきましたね

   有為転変、果てしない現実社会を映し出すワイドショーにあって、キャスター、小倉智昭の突然の振りにも戸惑わず、キュートな口元から発する鋭い感性はオヤッと思うときがあった。今後の期待も込めて一押し。

   たとえば1年前、2006年12月28日放送の『とくダネ!』。佐田玄一郎行革担当相(当時)が架空事務所経費疑惑で辞任し、揺らぎ始めた安倍政権を取り上げた。 この時点では、まだ閣僚の不祥事云々で、安倍首相個人の資質はさほど問題視されてはいなかった。ところが眞鍋は「安倍さんは総理に就任する前と後ではイメージが違ってきましたね」とコメントした。

   まさか、半年後の『安倍首相突然の辞任』を予感していたわけではなかろう。雑念を排して対象を直視し、変化を読み取る"女の直感"とでもいうだろうか。

   ただし、短いながら眞鍋のコメントが冴えるのは、もう一人の木曜日レギュラー、ノンフィクション作家の岩上安身の影響も大きい。

   岩上は、自ら取材し週刊誌、月刊誌に寄稿し、多数の著書もあるバリバリの現役。コメントは、地味ながら論理的かつ要点を得ており分りやすい。『論理の岩上』だから『直感の眞鍋』が冴えるのかもしれない。

文 モンブラン | 似顔絵 池田マコト

あなたの好きなコメンテーターを教えて下さい。コメント欄を使い、短い理由とともに投稿して下さい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中