2018年 7月 23日 (月)

バカ親に「殺されない」方法  「要求はつき返せ!」

印刷

   2002年、埼玉県狭山市の保育所の女性所長が焼身自殺した。保育児童の両親とのトラブルからだったが、このほどこれが「公務災害の認定」を受けた。いわゆるモンスターペアレントのいじめに近いプレッシャーが自殺と関係ありと認められたのだった。

不孝なことですよね

   ことの起こりは01年11月、保育児2人が喧嘩をして、1人が軽いけがをした。するとその子の両親が所長に対して、4カ月にわたって

   ・うちの息子を所長がつきっきりで保育しろ
   ・絶対に目を離すな
   ・ひっかき傷の責任をとれ

などと責め続け、所長は心労から夜も眠れず血尿がでたり、周囲に「死にたい」ともらしたりするような状況になっていた。両親はさらに市に内容証明つきの手紙を送って、「所長はごうまんだ」と非難した。所長が自殺したのは、その6日後だった。

   残した遺書の中で所長は「この夫婦の言動とやりとりはプライドの保てない4カ月だった。この2人(児童の両親)だけが謝らない」と書いていたため、所長の遺族が、公務災害の認定を求めていたが、曲折を経て、所長の精神疾患と自殺の因果関係が認められた。

   教育委員でもある木場弘子は、「教委にメールして教師を非難するようなことがふえている。つきっきりで保育するのは無理」

   山口一臣は、「保育所にあずけるということは、リスクも受け入れないといけない」

   遺族はいまのところ、訴訟などは考えていないというが、大谷昭宏は「できないことをいってきた時点で、行政が『それはできません。だからお引き取りください』といわなくてはいけない。それをいわないからズルズルとなった」と指摘した。

   まったくだ。給食費を払わない親の問題なんか見ていても、学校や行政が妙に萎縮しているのはなぜなのだろう。いうべきことはいわないといけない。

   赤江珠緒は、「親と先生が対立するなんて不幸なことですよね」という。

   要はコミュニケーションの能力か。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中