「朝青龍負けた!」にマスコミはしゃぎ過ぎか

印刷

   初日の復調発進を思わせる豪快な投げが、一転2日目は土俵外へ頭から突っ込むぶざまな負けっぷり。今朝(1月15日)のスポーツ各紙は、2日目にして早くも黒星の朝青龍を1面トップで大きく取り上げた。

稀ぐらい出してほしかった

   今朝の『朝ズバッ!』は、そのスポーツ各紙が知恵を絞った?見出し表現にスポットを当てた。

   東京中日スポーツ『屈辱 尻見せ吹き飛ばされた朝青龍』
   デイリースポーツ『すっきりした―痛快ズッコケ朝青』
   サンケイスポーツ『後ろ向き土俵下に叩き落とされた朝青 ぶざま』
   スポーツニッポン『転落!!はいつくばった朝青』
   日刊スポーツ『悪態ごと吹き飛んだ朝青 惨敗』

   見出しをつくる側を代表し、番組コメンテーターの宮内正英スポーツニッポン東京本社編集局長は「昨日はずいぶん社内で議論したのですが、時間がたつにしたがって感情が入り、言葉が厳しくなっていった」とか。

   この厳しい見出し表現は、ファンの「ざま~みろだよ。相撲道をなめちゃいけない」というコメントをある意味、代弁したのかも。

   それにしても、あっぱれ稀勢の里の方は1面の見出しに名前なし。「稀勢の里の"稀"ぐらい出してほしかった」(みの)のだが、各紙溜飲を下げるのに興奮、気づかなかったか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中