「ガソリン税」安くしたら国民は困るか?

印刷

   臨時国会が終わって、すぐ通常国会だ。最大の焦点はガソリンの暫定税率延長の是非。解散・総選挙の時期もにらんで、平沢勝栄(自民)、赤松広隆(民主)両代議士が出演した。

足りなければ削るのが筋

   暫定税とはなにか。ガソリン1リットル150円の中身はこうなっている。

   消費税 7.1円
   ガソリン税 暫定 25.1円
                  本来 28.7円
   石油・石炭税 2.0円
   本体価格 87.1円

   民主党はこの暫定を切れという。ガソリンは25.1円/リットル安くなる。

   「道路整備が必要だった時期に決めた緊急避難。だから本則にもどすべき。必要な道路は作るが、冬柴さん(国交相)のいう今後10年間に59兆円なんていらない」(赤松)

   対して自民党は、自治体の道路整備の要望が多いのだから、このまま延長すべしと。

   「地方の財源にアナがあいてしまう。地方だけじゃなく、東京にも必要だ。全国の開かずの踏切の半分は東京にある。無駄なものは作らないが、立体交差と通学路は必要」(平沢)

   とまったく、話は平行線だ。ANNの世論調査では、延長を支持しないが74%、支持するが17%と、圧倒的な不支持だった。スタジオの風は自民にきつい。

   鳥越俊太郎「道路は暫定ではなく、本来の税金の中でやるべきではないか。足らなければどこかを削るのが筋」

   平沢氏「地方へいく暫定分が1兆6000億円ある。これがなくなったら、地方は立ち往生してしまう」

   萩谷麻衣子「自治体と国民の声が乖離しているのもおかしい。自民党は10年延長というが、本当に必要かどうか検証したのか」

   平沢氏「それはこれから検討する」

   三反園訓「道路の財源はいま余ってるでしょう。一般財源化するという、そういう中で暫定延長はおかしなことだ」

   で、衆参のねじれから、再可決になるのかなど、生臭い話になったが、同じ世論調査で再可決の支持、不支持は24%対58%でこれも圧倒的。ただ、民主の泣き所、先のテロ特措法の採決で、小沢氏が退席したことには、「問題だ」が78%もあった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中