デーブ・スペクターのジョーク、ハリウッドでは大ウケ!?

印刷

   世界の芸能ゴシップ情報コーナー「スターまるみえチャンネル」。プレゼンターのデーブ・スペクターが「初登場の人がいます」と紹介したのは、デーブ本人だった。

このために番組休んだの!?

   「着信アリ」のハリウッド・リメイク映画「ワン・ミスト・コール」に出演。ハリウッド・デビューしたデーブだが、この映画の日本公開が決まった(5月ごろ予定)ため、2006年に撮影されたデーブ登場シーンが本邦初公開となったのだ。

   まずはメイキング映像から。撮影現場で「これはいい映画だ。ぜひ日本版のリメイクをつくるべきだ」というデーブのジョークに笑いが起きる。「受けてるよ」とびっくりの「とくダネ!」スタジオ。

   「重要な役」ということが事前にアピールされ、オチは見えているが、やはり――公開シーンの台詞はわずか「2行」。「このために番組休んだの!?」と"上司"の小倉智昭は渋い表情。

   「ただ、有名な日本人を出して、日本でも興行成績を上げるという戦略の一環でしょうから…(そこに、デーブが選ばれたのはたいしたもの)」。笠井信輔アナがフォローに入ると、イヤミな上司も負けじとさらに言った。「じゃあ、失敗じゃない、そこで」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中