2018年 7月 23日 (月)

東国原知事が橋下新府知事へ「伝授」したもの

印刷

   『なにわの顔』に38歳のタレント弁護士、橋下徹氏が決まった。民主党など推薦の大阪大学大学院元教授の熊谷貞俊氏(63)に約83万票の差をつけての圧勝だった。

教えてあげて

   テレビ朝日『スーパーモーニング』のレギュラーコメンテーターなど週9本のテレビ番組に出演し、知名度は抜群だった。

   時には"若き保守の闘士"を思わせる過激発言も目立ったが、府立北野高校ではラグビーで全国大会に出場、若い「爆発力とエネルギー」(橋下)が府民に期待されたのだろう。

   「自分を育ててくれた大阪。全国でむちゃくちゃ云われることが我慢に、我慢に、我慢にならないんです」という訴えも、府民の賛同を得たのかもしれない。

   ただし、これからは評論家的な、言いっぱなしの発言は許されない。

   5兆2487億円にのぼる負債を抱え、財政再建団体転落を避けるための「赤字隠し」も発覚した大阪府の再建が待っている。

   その橋下氏が『朝ズバッ!』に中継で生出演。みのが「財政破綻しないために、経理操作までしていたニュースが流れていますが?」。

   これに橋下氏は「粉飾決算しなければ夕張市と同じ状態ですよ。周りからの圧力はボクが引き受けるから、府庁職員は収入の範囲内で予算を組んでほしい。自分たちの人件費を削るのか、聖域化されている部分に手をつけるのか腕の見せ所です」と。

   このあと東国原宮崎県知事にも中継を繋ぎ、みのが「支持率90%以上の秘訣を橋下さんに教えてあげて!」。これに東国原知事は答えて「地元を愛する気持ちだけですね」。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中