橋下府知事の「乱暴な議論」、「メディアの編集」のせいか

印刷

   橋下徹大阪府知事の「お騒がせショー」が続いている。

   今度はニュースワイド・コメンテーター陣とのバトル。まずは、スパモニ火曜日レギュラーの若一光司。新知事が以前、出演していた「ムーブ!」(朝日放送)でのこと。

   若一が、負債発行原則ゼロの公約を撤回した件にかみつく。

   若一「180億円を復活させた理由の説明が十分でない」

   橋下「会見などで聞かれたときに答えている」

   若一「僕らには聞こえてこない」 

   橋下「府民のなかで少数派ではないか。数十人くらいの」

   若一「どうして少数派と言えるのか」

   橋下「僕の政治感覚です」

   183万票を獲得した自信が言わせるのだろうが、この「少数派発言」も物議をかもしそうだ。

   次は他局の番組で、相手は江川紹子。ハコモノ見直し問題について。

   江川「障害者の自立支援センターとか青少年育成のための施設も、基本的にいらないと思っているのか」

   橋下「セーフティーネットにかかわるものは必要と言っている」

   江川「丁寧な説明が求められるのでは」

   橋下「メディアが編集しているだけだ。もし必要なら僕の会見に全部、立ち会ってください。それが現場主義です。それが出来ずに評論家をやっているのは机上の空論じゃないですか」

   番組終了後、それでも、「また、大人げないと言われるかな」と気にはしていたという。

   スタジオで吉永みち子が言うように、橋下の「乱暴な議論」が目立つ。

   今朝からコメント陣に加わった宮川俊二(元NHKアナウンサー)は「言うだけ言って妥協点を見出す手法は弁護士らしい」

   橋下知事と掛けて、大飛球を追う外野手と解く、その心は「後退に次ぐ後退」。お後もよろしくないようで!?

文   アレマ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中