孫たちよ「借金支払い」あとは任せた! 道路は造ってあげといたから…

印刷

   新聞の抜き読み「新聞キョーミ新新」で、コメント陣の口数が一番だったのは、国の借金がついに838兆円になったという記事(日経)。

借金が増えていく

   きのう(2月25日)の財務省発表なのだが、国債や借入金など「国の借金」が2007年末で838兆50億円になった。昨年9月末に比べて4兆円も増えて、過去最大となった。国民1人あたりにすると約656万円で、3カ月間で約3万円増えたんだと。冗談じゃねぇ。

   みのもんたは「もう、減る傾向はないんでしょう?」と、やや無責任ないい方。

   寺脇研は「減らそうとしないから減らない。減らすためにはどこかで我慢しなくてはいけないのに、道路を作るわ、年金につぎ込むわ」

   みの「大阪は破綻一歩手前で、経理操作で救われてる。国の破綻というのはないの?」

   寺脇「国を破綻させたら終わっちゃうから」

   みの「破綻させないから、毎年何十兆円と借金が増えていく」

   寺脇「次の世代へ先送りしているんですよ。息子が返す。返せなければ孫が…」

   宮内正英は「背伸びしないでいいよ。身の丈でいいじゃないか」

   三屋裕子「大阪の橋下さんが言ってるじゃないですか。歳入の分だけ歳出するって。借金かかえてまで道路作ることない」

   その通り。道路なんて、「子孫のために」なんていいながら作ってるが、実際は孫の財布に手を突っ込んでる。それじゃ孫の金の先食いじゃないか。孫が作りたいと思ったら孫が作ればいいんだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中