小倉「ハワイでアロハは正装ですよ!」 朝青龍にエール?

印刷

   今朝の『とくダネ!』トップは、朝青龍の「死ね!この野郎発言」。番組のっけから「言ったのでしょ?」「言ってない。言うわけないだろう」と、横野レイコリポーターと朝青龍のやり取りが続いた。

モンゴルではモンゴルの衣装を…

   発端は、一昨日(2月25日)のハワイの空港と帰国後の関西国際空港での出来事。兄の結婚式を終え空港にアロハ、短パン姿で現われた朝青龍と取材カメラマンとのいざこざがあり、関空で発言があったとされる。

   ゴルフ取材で偶然居合わせ、一部始終を目撃したサンケイスポーツの記者によると、「朝青龍は、最初ニコッとしていたが、カメラのフラッシュがたかれると、怖い顔に。『こっちに来いと』とカメラマンに手招き。名刺を出せ。今撮った写真のデータを出せ」と、ひと悶着あったという。

   このとき呼ばれたカメラマンが「なぜ着物でないのか?」と質したのに朝青龍は「関西空港で着替えるからいいだろう」とのやり取りもあったようだ。このときはこれで終わった。

   しかし、朝青龍の怒りは関空に到着してもおさまらなかった。「死ね!この野郎」発言が向けられたのは、関空で待ち構えていた別のカメラマンに。

   冒頭に触れた横野リポーターと朝青龍との「言ったのでは?」「言うわけない」は、昨日力士会を終えて出てきた朝青龍に暴言の有無を質すため直撃取材をした時のものだ。朝青龍は否定したが、おそらく暴言はあったのだろう。

   相撲アナウンサーの山崎正は「横綱としていうべきでない。横綱として(発言する)言葉の品格をどこまで正確にとらえているか疑問だ」と、"正論"をいう。

   では、ハワイで、アロハに短パン姿の是非は?

   横野リポーターによると、日本相撲協会には、外出するときは髷を結い着物を着るという規定があるという。

   これには小倉が目をむいて「ハワイでアロハは正装ですよ。白鵬はモンゴルに行くとモンゴルの衣裳を着るじゃないですか」と。とかく朝青龍のこととなるとクレームをつけたがるマスコミ批判か?

   最後にタレントのデープ・スペクターが一言。「協会のガイドライン、基準があいまい。ハッキリしないからですよ」。

   確かに以前、ハワイ出身の小錦や曙がアロハ姿でハワイの海岸を闊歩する姿を見た記憶がある。ダブルスタンダードを時と場合で使い分けるのはどうか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中