マラソンQちゃん「今後」に期待寄せる人たち

印刷

   高橋尚子の敗因が何だったのかはいま一つハッキリしない。レース後、本人が昨年8月に右膝半月板の手術をしていたことを明らかにしたのを受けて、「練習不足」を指摘するメディアが多かった。が、チームQのスタッフは「下痢気味だった」と当日の体調を掲げていた。

新しいプロジェクトが楽しみ

   「本音独占」を試みたテレ朝の質問に対する彼女の答えは、「何がどうなったか分らない。優勝するんだという気でスタートラインに立った」。とすると、少なくとも本人は「体調説」に立ちたいようだ。

   スパモニは高橋の父、良明さんも取材してその声を伝える。

   「陸上を始めて22年間、本当にここまで息長くよくやって来たと言ってやりたい」と父は娘を労わる。娘が「いつも笑顔を絶やさない。こういう人になりたいと願っていた理想の人」と尊敬する父である。

   今回のレースについて良明さんは「人生、山あり谷ありで、こういうことがあると人生の若い段階で体で感じとれたのはプラス。人生にとって大きな勉強をしてくれたと思う」と話す。

   「結果は負けたけど十分、いろんなことを伝えてくれた」(吉永みち子)

   「彼女は原因が分かっていると思う。今後もやってくれると期待している」(宮川俊二)

   「今月末発表されるという新しいプロジェクトが楽しみ」(山口一臣)

   と、スタジオ陣の反応は好意的。燃えつき症候群と国民栄誉賞の重さに負けないように祈りたい。 

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中