ヤンキース松井の結婚ウラのウラ?

印刷

   3月末にヤンキース松井秀喜の結婚話とパイレーツ桑田真澄の引退のニュースが一度に飛び込んできた。同じく巨人にいた2人の選手の対照的な出来事に偶然とはいえ驚かされた。時のいたずらかもしれないね。

   桑田はPL学園から巨人と「王道」を歩んだ男だ。大リーグ挑戦もまずまずか、と思われたときに、あの巨漢審判との衝突があった。あれで足を怪我した訳だけど、ついてないなと思った。それでも強い精神力でその後もよく頑張った。引退は彼なりによく考えた上でのそれなりの身の処し方なのだろう。彼が良く使う「野球の神様」が肩を押してくれた、と。まだ現役で出来るという声はあったようだが、思い切りよく決断した。よかったと思う。

   松井の方は、シーズン開始直前という変なタイミングでの結婚発表となった。シーズンオフになって、というパターンが普通だからか、松井の会見前には流行りの「できちゃった婚では?」という憶測もテレビなんかで流れた。結局違ったみたいだけど。

   なんでこの時期に、というのは分からず仕舞いだった。まあ忙しかったから、ということらしいがピンとこない。2006年には左手首を骨折し、07年は右ひざを痛めた。その間、日本人大リーガーは、イチローは活躍を続け、松坂大輔、岡島秀樹も目立ってきた。「ニューヨーク観光資源」としての松井の力は、ひところ程ではなくなってきている。この時期の結婚発表は、ひょっとしたら少し薄くなった自分の影に危機感を持ち、自ら気合を入れようとしたのかもしれない。花火を打ち上げるような気持ちでね。レギュラー取りも簡単ではなさそうな現状のままシーズン入りするのではなく、なんとか自らの態勢を立て直そうという思いが感じられなくもなかった。

   まあ、いずれにせよ桑田引退の決断も松井の結婚も、前向きなニュースだと受け止めた。花見のシーズンと重なり、ちょっと華やかな気分にもなった。

      引退と 結婚話の 花見かな

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中