大竹も名倉も弱い 見るに耐えない番組だ

印刷

   日テレの「人間観察クイズ!オトナの資格」。司会はさまぁ~ず大竹とネプチューン名倉。サブタイトルに「ドッキリカメラ」とあったので見てみようかなと思った。「ドッキリカメラ」は、昔の有名な番組だ。懐かしいなと思ってね。

   見た回は、ザ・タッチや大沢あかね、南海キャンディーズの山ちゃんたちが、偽番組や偽CMの撮影ということでだまされていた。それを見てスタジオ陣がコメントしたり、「大人もの」の著書があるコラムニストが解説したりしていた。「大人としてはこう解決すべきだ」みたいなやつだ。

   「ドッキリカメラ」の手法にスタジオゲスト陣や「大人もの」解説を乗っけたつもりなのだろうが、つまらなかった。解説は理屈っぽいし、肝心なだますための仕掛けの部分に情熱が入ってなかった。昔の「ドッキリ」は意外性があった。今回のは、出演者が筋書き通りに「だまされる」といった印象だ。なんだか「落としどころ」に向かって一直線に進んでいくかのようだ。遊びがないというか、かける時間を惜しんでいるというか、どうにも「ドッキリ」への徹底ぶりが感じられない。司会の2人も弱かった。

   もっといたずら精神を発揮して、仕掛ける側の気迫を示してほしかった。それでこそこういう場合の「イッヒッヒ」という種類の笑いが生まれるのではないか。

   これは見るに耐えなかった。ひどい番組だ。ゲストに和田アキ子やガッツ石松など有名どころを集めていたけど、「豪華ゲスト」でごまかしちゃいけない。この番組づくりは叩かれると思う。

      ドッキリの 素朴な笑い 懐かしく

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中