竹内香苗アナの暴飲暴食と珍味好き

印刷

   TBSの竹内香苗アナ(29)が自身の食生活の一端を明かした。「BS-i」で放送している「健康トリプルアンサー」の番組サイトにある「竹内アナの放送こぼれ話」欄に書いている。

   番組が扱った「痛風」について「男性に特有の病気ということなので、自分にはほぼ無関係と楽に構えて」いたそうだ。しかし、竹内アナは「決して『贅沢』ではないけれど」「暴飲暴食、好きなものを好きなだけ食べてしまい」「外食が多く酒席に出る機会も多く珍味好きで、肉が大好きな野菜嫌いの私」と自身について説明した。その上で「もし私がもし男に生まれていたら『痛風』まっしぐらだっただろう」と「複雑な気持ち」になったのだそうだ。

   発症すると「万力で締め付けられたように激烈で、大のおとなが2、3日歩けなくなるほどの痛みです」(財団法人痛風研究会サイト)。確かに50~60万人とも言われる日本の推定痛風患者のほとんどは男性だが、女性も数%はいるようだ。竹内アナもご用心を。

      番組放送は2007年3月21日、28日(再放送)にあった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中