「ミス」日本代表のダイエット法 健康、ワイルド、大胆……

印刷

   ミスユニバース日本代表を選ぶ最終選考会がきのう(4月3日)、東京国際フォーラムで開かれ、4000人から残った10人による水着、スピーチ、ドレス審査を、美馬寛子さん(21)が突破した。

ボンドガールっぽい

   身長173センチ、長い足。昨2007年、ミスユニバースとなった森理世さんもそうだったが、「まあ、これが日本人か」と思うほどの均整のとれたナイスバディだ。

   それもそのはず、日大文理学部体育学科4年生で、走り高跳びでインターハイに何度も出場というスポーツウーマンだ。徳島の出身で、3歳のときから阿波踊りを踊ったという活発な女の子。「家ではイスではなくて、正座して育った」と母の恵子さん(49)がいう。

   それでも、この選考会のために、2週間で5キロの減量をやってのけたのだそうだ。食事は豆腐とサラダ、おやつは煮干し、と聞くと、なにやら終戦直後みたいな気にもなる。が、あの時の日本人は、基本的な栄養が足らなかったんだと、あらためて納得だ。

   加藤浩次は、「このところ、世界でも黒髪が好感されているようですね」

   かとうかず子は、「凄い健康的」と感嘆する。

   さかもと未明も「健康。ワイルドな感じで、世界に通用しそう」

   八代英輝は例によって四の五のいったあとで、「いけそうな感じですね」

   テリー伊藤も、「立ち居振る舞いが大胆ですね。日本人男性じゃ近寄りがたい感じで、ボンドガールっぽい」

   だからこそ、ナマで動き回る姿と声が聞きたかった。実際彼女が出演したのは、「スッキリ」のあとの番組だった。ちょっと残念。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中