キャンディーズ「同窓会」のおじさんたち オフ会のノリなのか

印刷

   先週4月4日夕、後楽園球場(現・東京ドーム)近くで「キャンディーズ解散30周年のフィルムコンサート」が行われた。ナマでもないのに入場料1万500円はちと高めだが、いや集まった集まった2000人、それもおじさんたちばかり……

泣いてるおじさんが……

   キャンディーズは1973年に歌手デビューした超人気の女性トリオ。伊藤蘭(ラン)、田中好子(スー)、藤村美樹(ミキ)が歌い踊るヒットの数々は様々な伝説を残した。そして5年間に17曲を残して、「普通の女の子に戻りたい」と78年に解散した。お別れコンサートの後楽園球場には5万5000人を集めた。それが4月4日だった。

   今回のフィルムコンサートは、「全国キャンディーズ連盟2008大同窓会」だった。「キャンディーズは青春のすべてです」といっていたかつての若者が、駆けつけたのである。それも、30年前の赤黄青のはっぴを着て。

   「暑中お見舞い申しあげます」「年下の男の子」……ヒットの数々が流れるにつれ、会場は総立ち。レポートの中山実香が「もうノリノリです」とあ然。なかには遺影をかかげる人もいた。「主人ですが、2年前に病気で。喜んでると思います」

   そして、恒例のテープ投げ、といっても相手はスクリーン。クライマックスの「つばさ」には涙、涙、涙……

   加藤浩次が「泣いてるおじさんがいましたね。勝谷さんわかりますか?」

   勝谷誠彦はにべもなく「わかりませんねぇ。ネットの社会でいうオフ会なんですね」

   「テリーさんは仕事してましたか?」(加藤)

   テリー伊藤も「キャンディーズの仕事はないですね」。まだ駆け出しだったんだ。

   三船美佳も「わたしの年代でも、曲はほとんど知ってます」

   勝谷は「記録に残ったんじゃなくて、記憶に残った人たち。今でも歌えるなんてなかなかないですよ」

   テリーは「ランちゃんにしろスーちゃんにしろ、いまでもきれいですよね。それがいい」

   勝谷は「グループってだいたい内輪もめが多いけど、3人がいまも仲良くってのは、伝説が美しいものになる。出てこないってのもいいじゃないですか」

   加藤は「お父さんたちにはいい日曜日だった(本当は金曜日)」

   テリーは「ちょうど娘さんがキャンディーズですよ。お父さんなにしてんの?って」(笑)

   キャンディーズは30年前の美しい夢の姿のまま。いまもドラマに現れるランちゃん、スーちゃんとは別のものなのだろうな。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中