2018年 7月 17日 (火)

救命胴衣は形だけ? その盲点とは

印刷

   青森でホタテ漁にでた漁船が遭難し、放送時点で2人死亡、6人が行方不明。穏やかだった海で急に突風が吹いたのが原因で、船が転覆したと見られている。

救命胴衣をしていれば…

   「バランスを崩してあっという間なんでしょうね」と、みのもんたが事故当時の船の様子に思いをはせていたとき、杉尾秀哉は別のことを考えていたようだ。

   「救命胴衣っていうのは――」と唐突に口を開く杉尾。「作業の邪魔になって、なかなかできないっていうんですが」。ここまでが前置きである。

   「救命胴衣をしていれば、って感じもする」。ついに結論か――と思いきや、「なかなかできないもんなんですかね、漁師さんは」と漁師さんへの配慮を付け足す。杉尾の逡巡はいつまでも続きそうだった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中