2018年 5月 27日 (日)

「モデル」葉山エレーヌアナへ向けられた冷たい視線

印刷

   日本テレビの葉山エレーヌアナ(25)の「度胸」にテリー伊藤も参ったようだ。

   2008年4月18日の「スッキリ!!」の一幕だ。葉山アナは、映画宣伝の一環であった1960年代を意識したファッションショーにモデルとして参加した。番組は「なぜか抜擢された」とナレーションで説明した。

   白っぽいドレスでステージに現れた葉山アナは、ぎこちない足取りで歩きながら一瞬止まった。そして番組の「スッキリポーズ」を決めてみせた。スッキリポーズとは、カタカナの「ス」に見えるように、両手をそろえ向かって左側に横へ伸ばし、足を左右に開くものだ。

   画面はスッキリのスタジオへ。「番組の宣伝をしてきました」と報告した葉山アナにテリー伊藤が「エライ!」と声をかけ、2人でがっちり握手をした。さらに「度胸がいるだろう」と、葉山アナを持ち上げた。

   葉山アナは「あなたを見に来てるわけじゃない、という冷たい視線も」と報告したが、さほど気にしていない様子だった。忘れずに映画宣伝もしていた。後半、コメンテーターの八代英輝弁護士は、葉山のモデル姿について「マタニティールックみたい」と「冷たい」一言を浴びせていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中