みのの質問に回答拒否

印刷

   鹿児島でタクシー運転手を刺殺したと見られる自衛隊員は「誰でもいいから人を殺して、死刑になりたかった」旨、供述しているという。番組によれば、こうした「誰でもよかった」無差別殺人事件が増えている。

答えを言える状況じゃない

   「どうしたらいいんですか、我々」。みのもんたは杉尾秀哉・TBS解説委員に答えを求める。選挙特番に出るなど、政治系のイメージが強い杉尾だが、「20数年前から警視庁で事件記者をやっていた」経歴も持っている。

   「当時は恨みとかによる古典的な殺人がほとんどだったが、最近は動機がわからない――殺すこと自体が目的の殺人が増えている」と分析する杉尾だが、みのの問いは「どうすべきか」である。

   最近の朝ズバッ!のコメンテイターは、みのの『無理な』質問に対して、なんらかの回答をしてきたが、杉尾は率直にそれを拒否した。「犯罪をどう防止、抑止するかはすごく大きなテーマで――ちょっと、いまここで私が答えを言えるような状況じゃないですね」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中