2018年 7月 18日 (水)

伊野尾慧クンのひきつる顔に絶叫 かわいい~(百識王)

印刷

   Hey! Say! JUMPとV6の井ノ原快彦による知的情報バラエティ「百識王」。

   今夜のテーマは「絶叫マシン」。

   百識によると、日本で初めて「ジェットコースター」という言葉を使ったのは、現在の「東京ドームシティアトラクションズ」だけど、「ジェットコースター」という言葉は、パチンコ機器メーカー平和がパチンコなどの遊戯用器具として商標登録しているんだって。

   へぇ~そうなんだ、とおもわず言いたくなっちゃう豆知識を得られるのが、百識王の見所の一つ。

   で、もう一つの見所は、もちろんHey!Say!JUMP。

   「王様のワガママ」というコーナーで「日本一の絶叫マシンを体感してこい」との指令がくだり、富士急ハイランドへ向かう伊野尾慧と有岡大貴。

   ジャンケンに勝ってしまったために、時速172Kmの超速コースター「ドドンパ」に乗せられてしまう慧君。「やだやだやだやだやだ」「怖いよー何でだよー」と声を震わせながら必死で抵抗している。ドドンパが加速した後なんか、顔が完全にひきつっちゃって……か、かわいい。

   分かってます、ドドンパがどれだけ速いか、怖いか。

   ジェットコースターが嫌いと言いながら、頑張って乗った慧君がどれだけエライか。

   でも、どうしても、かわいい。見ていて、つい顔がほころんでしまう。

   もちろん他のメンバーも一挙一動、うーん、ツボです!!

   オトナ、特に女性のみなさん。疲れた日の夜には、百識王なんてどうでしょう。平成生まれの男の子達に、きっと癒されますよ……私だけ?

   ※百識王(フジテレビ系:4月15日放送分)

文   ぴよ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中