2019年 8月 23日 (金)

逆ギレする「アサリ乱獲」の大人

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   晴天の昨日(5月6日)は絶好の潮干狩り日より。入園無料の『横浜 海の公園』も約3万5000人の家族連れでにぎわったのだが…「ちっとも採れないよ~」。

殺伐としてますネ~

   『スパモニ』は、その採れない原因をつくっている、『カイマキマン』と呼ばれているアサリの乱獲者たちを直撃した。

   家族連れに混じって『カイマキマン』はいた。長い柄のついた貝採り専用の道具を持っている。リポーターが「ルール違反ですよね」と声をかけると「聞いてねーよ」。

   逆に食ってかかる『カイマキマン』も。「なんでそんなこと言うのよ。人にあげたら2,3件で無くなっちゃうじゃない。そんなことも分らないの」

   管理する市臨海環境保全事業団の担当者によると、「5キロ、10キロ採って帰る人がいる。自分たちで食べるのではなく、売っている」のだという。

   ちっとも採れないという苦情から(1)幅15センチを超える貝取り道具の使用禁止(2)2センチ以下の稚貝の採取禁止(3)ひとりが採る貝の量は2キロ以内とし、違反者は5万円以下の過料を決め、公園内に大きな看板で表示。パトロール隊も組織した。

   しかし、後を絶たない『カイマキマン』。スタジオでは赤江キャスターが「干潟を荒らす『カイマキマン』。楽しいはずが、殺伐としてますネ~」と。

   アーチェリーのメダリスト、山本博は「パトロールの方が穏やかで、優しそう。ボクぐらいの人相の人がやった方がいいのでは?」。

   子供の前で、恥ずかしげもなく堂々とルール違反し、注意されると逆切れする大人たち。違反者はどしどし摘発したらいい。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中