2018年 7月 16日 (月)

「羞恥心」は一発屋か

印刷

   フジテレビの「クイズ!ヘキサゴンII」。番組から生まれた男3人組の「羞恥心」が「羞恥心」という曲で歌手デビューし、すごい人気だ。

   上地雄輔、つるの剛士、野久保直樹の3人は、クイズ問題に解答できない(もしくは珍答しかできない)「おバカ」キャラで人気を集めた。「おバカタレント」という存在は、少し前までは二束三文、といった感があったが、今では愛される存在になっている。女性の「おバカタレント」もいるし、次々出てきている感じだ。

   視聴者にとって、一種のペットみたいなものだろうか。クイズ問題を間違える姿が、かわいらしい、癒してくれるという訳だ。番組自体もバカバカしくて笑えるし面白い。プラス「おバカ」がいてかわいいね、と楽しく見ることができる。

   「おバカ」キャラ自体は、いつまで「かわいい」と思ってもらえるか、という問題はあるだろう。次の一手は難しいのでは、とも思う。

      羞恥心 ない奴が歌う 羞恥心

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中