西尾由佳理アナは「ご褒美」先取り派

印刷

   日本テレビの西尾由佳理アナ(30)は、自身のやる気アップ法を披露した。

   情報番組「アナ☆パラ」で視聴者から、やる気アップ法についてメールで募集し、「自分へご褒美」という意見が寄せられた。この意見に対し、まず夏目三久アナ(23)が、「ここまで問題をやったらケーキ1口食べる。小さな幸せです」と、途中で「学生時代ですが」とことわりを入れながら「ご褒美」の具体例を示した。

   「逆に」と西尾アナは自身について「買っちゃったらやろうという気になるんですよ」「買ったからこそ、このために次がんばって仕事やっていこう」と思うと説明した。仕事や勉強を終えた後に自分に「ご褒美」を与えるのではなく、先に「もらった」方ががんばる気になるタイプというワケだ。

   西尾アナがこれまでに何を「買っちゃた」のかは分からなかった。

   放送は2008年5月19日にあった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中