「9割方UFO」の正体と火星の微生物

印刷

   先週木曜日(5月22日)、山形新聞が社会面トップにでっかい写真入りで「ナゾの物体?」と報じた。「UFOの撮影に成功したというのです」と山岡三子。カメラがUFOフリークのテリー伊藤を映したのでスタジオに笑い声が出たが、テリーは無表情。

火星にいるんだから

   写真は山形市内に住む夫婦が、台所の窓から撮影したもので、山形放送も「何なのでしょうか」と報じた。大竹真が夫婦を訪ねてみると、確かにデジカメに「ビルの上に浮かぶ銀色の物体」が写っている。朝の8時半だったという。

   山形ではこのところUFO出没情報が多いという。そこで『専門家・韮澤さん』の登場だ。画像を送って、電話で聞く。「びっくりしましたね。久しぶりにUFOらしいUFO。9割方UFOですね」「9割ですか?」「いや100に近い」

   ところが取材中に新たな情報が。株式会社「0(ゼロ)」という会社が上げている写真撮影用のバルーンだったというのだ。「弊社のバルーンです。方向と時間が一致します」

   「テリーさんいかがですか」と山岡が聞く。

   テリーは「これは、バルーンじゃないですか」とあっさり。が、続けて「実はきのう宇宙飛行士の毛利さんと一緒だったんですよ」といいだした。ちょうどNASAの火星探査機「フェニックス」が軟着陸に成功した時間だったという。

   「毛利さんは火星に生物はいますという。水があることは判っているから。もちろん火星人みたいなのはいないが、微生物は地中にいると」。で、本論だ。「火星にいるんだから、将来的にUFOは確実にいます」

   「微生物でしょう」と加藤浩次。

   「火星では微生物でも、他にいます」と相変わらずだった。

   生きているうちに、なんとか本物のUFO(でも写真でも)を見たいもんだ。みんなバカにしながら期待してるんだよね。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中